はじめてのTOEIC受験

先日TOEICを受験しました。^^

どうも、アステカです。 m(_ _)m

先日TOEICを初めて受けました。

準備ほとんどなしのぶっつけ本番だったのですが、、、

結果は編集後記でお伝えします。^^

—————————————————–

このブログでもTOEIC勉強法を書いていこうと思いました。

ところが!

「受けたこともないのに書けない」 (T_T),,,

と、当たり前のことにようやく気がついたので、

受けてきました。

全体を通しての感想は、

まず第一に時間がないです!

リスニングもリーディングも時間配分が勝負の分かれ目になるでしょう。

リスニングは、

会話が流れて、その後選択肢が読み上げられるのですが、

迷っている暇なし!

前の問題に戻る時間なんて到底ありません。

ということに試験中に気がついた私は、

会話を聞きながらノートをとる、

選択肢Aを聞いて、違ったら×をつける。

選択肢Bを聞いて、違ったら×をつける。

選択肢Cを聞いて、違ったら、Dをマークする。

選択肢Dを聞きながらDが正解であることを確認する。

あるいは、

会話を聞きながらノートをとる、

選択肢Aを聞いて、違ったら×をつける。

選択肢Bを聞いて、これが正解だと思ったらマークする。

C、Dが不正解であることを確認する。

といった感じでかなりあわただしく回答していました。

当然、以下のようなケースが発生しました。

会話を聞きながらノートをとる、

選択肢Aを聞いて、違ったら×をつける。

選択肢Bを聞いて、違ったら×をつける。

選択肢Cを聞いて、違ったら、Dをマークする。

選択肢Dを聞きながら、

>Dが正解じゃない!と気づく。 (ノ゚ο゚)ノ OH NOOO!!!

なんてこともありました。

でも戻ってる余裕なんてなかったです。

ちょっとなめてました、、、(T_T)

選択肢もトリッキーで、

受験者を惑わせる選択肢が結構ありました。

リーディングも、かなり早いリーディング能力が要求されます。

早めに、「この問題は、どのような状況なのか」

ということを捉える必要があります。

そうすれば、リーディングがすらすらと頭の中に入ってきます。

パターンはだいたい決まっているので、

それは頭に入れておく必要があるでしょう。

よくあるのが、

1)雇用を希望する人から、広告主の会社に対する手紙

2)逆に雇用広告主から、個人へのアナウンス。
たとえば面接のお知らせなど

3)あるいは何かを販売している会社から顧客へのレター

4)逆に顧客から販売主への手紙

がリーディングの題材として出ていました。

これらのことを踏まえて、

まずは頭に入れておかなければいけない

TOEIC対策はこちらです。

リスニング
1)トリッキーな選択肢に引っかからない集中力
発音が似ているけど意味がまったく違う単語が
選択肢に出てくることがあります。
これに注意して、選ばないように心がけましょう。

2)会話の状況を把握して、ノートをとる
聞き流しているだけだと、日時や時間、場所のディテールを
聞いたとたんに忘れてしまう恐れがあるので、
注意深くノートをとりましょう

3)5W1Hの質問をしっかり把握する
質問の内容が、Whoなのか、Whereなのか、Whenなのかを
しっかりと把握してから回答してください。

リーディング
1)状況を早めにつかむこと
だれがだれに向かって書いたレターなのか、
そのレターの目的は何なのかを早めに把握しましょう。

2)時間配分に注意
時間がなくて、最後の10問20問
飛ばしてしまうという恐れもあります。
しっかりと集中して時間配分をしましょう。
出だしでものんびりしないことが大事です。

私が受験して感じた

試験自体のおおまかな対策としては

以上のような感じです。

リスニングのスピード自体は

ネイティブのスピードより

ぜんっぜん遅いです。^^

だからこそ、絶対に聞き逃しは許されません。

今回は受験当日の注意事項をご説明しましたが、

次回からTOEICの試験までの具体的な

対策を私なりに考えてご紹介したいと思います。

それでは。

編集後記

本文でもお伝えしたとおり、

試験中に自分の回答が間違いだということに

気づいたのですが、

戻る時間がありませんでした。

TOEICのリスニングは

一発勝負

ですね。^^

さて、偉そうに英語ブログを書いている

アステカの結果ですが、、、

リスニング 470点 (495点満点)

リーディング 495点 (495点満点)

合計 965点 (990点満点)

でした。

うーん、なかなか手ごわいな。

という感想でした。^^

この記事を読んだ方は下のこんな記事も読んでいます

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. I visit every day a few sites and websites to read articles or reviews, except this weblog presents feature based articles.
    billiga barnkläder från england http://www.tailorandkelle.com/England-fotbollstrojor-barn-p-862536.cfm


コメントをどうぞ

Comments links could be nofollow free.

このページの先頭へ