エブリディイングリッシュフレーズ

英語で自己紹介をしてみよう

英語で自己紹介ができますか?

こんにちは、アステカです。

先週仕事でインドに行ってました。

インドは奥が深い!! (ノ゚ο゚)ノ おおお。。

続きは編集後記で。

———————————————–

さて、英語をしゃべるときのファーストステップは、

「自己紹介」

です。

学校に入ったとき、

ビジネスでお客さんやパートナーと初めてあったときなど。

もちろん英会話学校にはじめて入ったときも

かならず自己紹介から始まります。

これがなかなか慣れないと戸惑ってしまうことがあります。

初対面の場面での一番の敵は、

英語ではなくて、

「緊張」

という自分自身の中の敵です。

その場でいきなり自己紹介をしてください

といわれても、

なかなか言葉が出てきません。

緊張した場面でいい自己紹介は思いつかないですよね。^^

そこで、

自分の自己紹介のパターンをあらかじめ決めておく

ということがとても大事になります。

自己紹介をしそうな場面というのは、

あらかじめ予測できます。

例えば、

「英会話学校の初日」

「会社の初日」

「パーティに招待されたとき」

などなどです。

ですから、その場に行く前にあらかじめ決めておきましょう。

たとえば、こんなのはいかがでしょうか?

Hello,

I’m Azteca.

I’m from Yokohama.

ハロー、アイム アステカ。アイム フロム ヨコハマ。」

最初は「こんにちは」ですね。

私は自分の名前を言うとき、「マイ ネーム イズ」を使わずに、「アイム」

を使います。

別に「マイ ネーム イズ」でも一向に構いません。

どっちにするかもあらかじめ決めておけばいいでしょう。

「私は横浜から来ました」という場合は、

「アイム フロム ヨコハマ」を使いましょう。

さて、基本的な自己紹介をした後は、

「この学校に入っての意気込み」

を話して、聞いている人たちに親しみを持ってもらいましょう。

例えば、これから始まる英会話学校が楽しみなときは、

I am excited to study English.

「アイ アム エキサイテッド トゥー スタディ イングリッシュ」

「英語を勉強するのにわくわくしています」

I am excited to be here.

「アイ アム エキサイテッド トゥー ビー ヒア」

「ここ(この場合英会話学校)にこれてわくわくしています。」

I can’t wait to study English.

「アイ キャント ウェイト トゥー スタディ イングリッシュ」

「英語を勉強するのを待てません。(早く勉強したいという意味)

最後の

I can’t wait

は「早く~~がしたい」という意味を表すときの表現で、

口語では頻出ですのでこの機会に覚えておきましょう。

さて、ここまでで、以下のような自己紹介ができました。

Hello,

I’m Azteca.

I’m from Yokohama.

I am excited to study English.

さて、ここまでで、

自己紹介は大体70%完成です。

続きは次回にしましょう。

編集後記

生まれて初めてインドに行ってきました。^^

仕事の内容は、ニューデリーのある会社とのミーティングでした。

到着した初日に、

インドの航空会社の機内食で出されたチキンカレーのせいで

当たったのか、

いきなりおなかを壊しました。

ホテルについてからも、

「インドでは水道水を飲んではいけない」

ということを聞いていたので、

シャワーでも口を開けない、

歯磨き後に口をゆすぐときもミネラルウォーター

でやらなければならないので、

ついつい日常的に癖になっている行動を

途中で止めなければなりませんでした。^^

デリーは首都なのですが、

普通に牛や豚や猿が道端を闊歩しています。

しかし、

飲めない水道水や道端の牛や猿よりも

もっとすごいのが、

インドの渋滞です。

さすがの私も

「もうインドはいいや」

と思わざるを得ませんでした。

これについてはまた次回にしたいと思います。^^

この記事を読んだ方は下のこんな記事も読んでいます

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

Comments links could be nofollow free.

このページの先頭へ