エブリディイングリッシュフレーズ

英語で「キモい!!」

今回は

「キモい!」

(「気持ち悪い」、「気色悪い」)

という英語の決まり文句をご紹介します。

gross!

「グロース!」

といいます。

grossは、「gross income (グロス収入)」
などの経済用語にも使われます。

女性の化粧品のきらきらしたグロスは

gloss

なので、つづりが違います。

例文をご紹介しましょう。

AさんとBさんの英会話です。

A: I puked in the car last night.

「アイ ピュークト イン ダ カー ラスト ナイト」

「昨日車の中で嘔吐しちゃったよ」

B: Gross!!

「グロース!」

「キモ!!」

といった感じです。

pukeは「嘔吐する」という動詞です。

上の例は、感嘆のときの表現ですが、

ちゃんとした文章に入れ込むこともできます。

その場合

(主語) gross me out

という表現を使います。

(主語)が私を気持ち悪くさせている

という意味になります。

His face grosses me out.

といえば、

「彼の顔気持ち悪い」

という意味になります。ポイントは、当人の耳に入らないようにしゃべることです。

ていうか、人の陰口はよくないですね。

もっといい例文は、たとえばこんなかんじです。

I can’t eat colorful American cakes.

They just gross me out.

「アメリカのカラフルなケーキ食べれないんだよね。

あれは気持ち悪いよ」

アメリカのケーキごらんになったことあります?もう緑とか青とか金とかありえない着色料を塗りたくってます。

とても食べる気になりません。

どうでしたか?皆さんの英語学習の参考になれば幸いです。

この記事を読んだ方は下のこんな記事も読んでいます

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2010年11月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:19. 驚きの表現

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

Comments links could be nofollow free.

このページの先頭へ