Would like と Want の違い

よく日本で英語を勉強している場合に耳にするのが

「英語はとてもストレートな表現方法で、はっきりと言う」

というものなのですが、

それでもオブラートに包んで丁寧な表現を使うケースはたくさんあるのです。

そして、ストレートすぎて失礼な表現を使うと、

たとえネイティブでも失礼だと感じることは多々あります。

私は今でもネイティブの人に直されるときがあるのですが、

時々英文を考えるのがめんどくさくて単純な文章をしゃべると

直接過ぎて相手を傷つけてしまうことがあります。

今回は「欲しい」という表現を取り上げて

直接的な言い方の場合と丁寧な言い方をそれぞれ二通りご紹介します。

Would like
ウッド ライク

という表現と

Want
ウォント

の二つはどちらも「欲しい」という意味ですが、

Would like は丁寧な表現

Wantはストレートな表現です。

ちなみにストレートだからといって、常に失礼な表現になるわけではありません。

基本的に英語は過去形にして、文章を長くすると丁寧になります。

would は will の過去形です。

I want to eat.

だと「食べたい」

というぶっきらぼうな表現であるのに対し、

I would like to eat.

「食べたいです。」

と、日本語で無理やりニュアンスを伝えようとすると

「です、ます。」がつくくらいの差になります。

友達同士の会話で、

「何か食いたい」というのは普通ですし、

そういうときに

I want to eat.

といっても何も問題はありません。

一方で、知り合って間もない人や、

知り合いでない人にぶっきらぼうな表現は普通は使いませんので

I would like to eat

を使ったほうが自然です。

この記事を読んだ方は下のこんな記事も読んでいます

    関連記事は今のところありません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

Comments links could be nofollow free.

このページの先頭へ