どのくらいで英語ペラペラになれるか

「どのくらい英語を勉強したら英語ペラペラになれますか」

という質問をいただくことがあるのですが、

そんなとき私はいつもこう答えています。

「いつか必ずなれますから毎日少しずつでも英語に触れてください。

いつなれるかは誰にもわかりません。

あなたの努力しだいです。」

という、ある意味身もふたもない回答をさせていただいています。

理由は大きく分けて二つあります。

まずひとつめは、期間と上達は関係がないからです。

だって例えば私が「3年かかります」

といったところで、

毎日コツコツ勉強した人の3年と

思いついたときにちょろっと勉強してまた3ヶ月ほど何もしない、
というサイクルを繰り返している人の3年とは

重みが全然違ってきます。

何年アメリカにいても英語をしゃべれない日本人は山ほどいます。

ですから、期間と上達は関係がないのです。

二つ目の理由は、「ペラペラの基準があいまいすぎる」からです。

たとえば、英語をまったく理解してない人からしてみたら、

片言の間違いだらけの英語をしゃべっている日本人をみて、

もしかしたら「あの人英語ペラペラ話してる!すごい!」

と思うかも知れません。

そんな人に「あなた英語ペラペラですね」

といわれてもうれしくないでしょう?

また、自分自身で「俺はもう英語ペラペラだ」

と思ってしまったらその後の成長は止まってしまいます。

例えば3年勉強して英語がペラペラになったと判断したら

あなたは英語の勉強をやめてしまうのでしょうか?

「英語がペラペラになった」

と思った瞬間勉強をやめてしまっては

また無に返ってしまいます。

英語を忘れるのなんていとも簡単なことです。

結局、現時点の英語レベルに満足することなく

死ぬまで英語を学び続ける

という姿勢が大事だと思います。

自分の英語力に満足いかないからこそ

学ぼうというモチベーションが生まれるのです。

この記事を読んだ方は下のこんな記事も読んでいます

    関連記事は今のところありません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

Comments links could be nofollow free.

このページの先頭へ