英語の難しいところ

外国語の中で

日本人に最もなじみがある言語

もちろんそれは英語です。

中学校高校でも勉強します。

なんとなく、英語って外国語の中で

一番マスターしやすい、

と思っているかもしれません。

でも、英語って日本人にとってすごく難しい言語なんです。

英語がまったくの異国の言葉に聞こえる原因は、

日本語とまったく発音が違うからです。

たとえばアイラブユーとか、カジュアルフライデーとか

親しみのある英語のフレーズは日本に存在していますが、

ちゃんとした発音で外国人にわかってもらうためには

相当の努力が必要です。

他の外国語で日本人にとって

英語よりマスターが簡単な言語は

私の知っている限りでもいくつかあります。

例えばスペイン語を例にとってみましょう。

「トイレはどこですか?」

と言いたいときに、

Donde esta el bano?

ドンデスタ エルバーニョ

と聞きます。

これはそのままカタカナの発音で通じます。

なぜなら、スペイン語は日本語と同じ母音、

a i u e o

しかないからです。

日本人ってスペイン語の上達が早いんです。

それは発音で苦労しないからです。

同様に英語で

「トイレはどこですか?」

といいたいときは、

Where is the bathroom?

と一般的にいいますが、

the の th と

bath の th と

room のr って

日本人の苦手な発音なんです。

発音が難しいと、

声に出してしゃべるときに

すごくストレスになります。

頭も使うし、口も疲れるしで、

長い文章をしゃべるのにかなりエネルギーを使うんです。

もちろん読んだり書いたりするぶんには、

問題ないので、声に出して

英語をしゃべらないとこのストレスは

感じることは出来ません。

そして、このストレスを和らげるための

唯一の方法は、しゃべる練習をすること

これしかありません。

私はここが英語の難関だと思っています。

この記事を読んだ方は下のこんな記事も読んでいます

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

Comments links could be nofollow free.

このページの先頭へ