「英語が全然聞き取れない、、」とお悩みですか。

学校であれほど一生懸命

英語を勉強したのに、

英語が全然聞き取れない。

そんな悩みをあなたはお持ちではありませんか?

英語は母音の数も日本語よりも

圧倒的に数が多く、

日本人にとってはリスニングが難しい言語です。

一番身近な外国語ですが、

「あいうえお」

の5つしか母音のない言語をしゃべっている

私たち日本人にとっては、

聞き取るための耳が、

残念ながら未発達なのです。

このブログでは、

あなたの英語力を上達するための

フレーズの紹介や、

勉強法の紹介をしています。

しかし、リスニングの能力を

伸ばすためには、

英語を聞くことが必要になります。

ただ闇雲に英語のCDを聴くのではなく、

英語に耳を慣らすための教材が

最初に必要になってきます。

英語の母音は19個あります。

さらに、日本語には存在しない子音の発音も

マスターしなければなりません。

ここが最初の壁です。

この最初の壁を越える前から

難しいリスニングの教材をやってみたり、

英語のニュースをテレビで見ようとしても、

聞き取れるわけがありません。

ゴルフでコースに出る前に

必ず打ちっぱなしで練習を十分にするように、

英語のニュースを見る前に、

母音と子音の発音を完璧に聞き取れるように反復練習が

必要になります。

打ちっぱなしで十分練習しなければ

コースで散々な結果になってしまうのと同様に、

この母音と子音の聞き取り練習をしないで

英語のニュースを聴いても、

いきなり理解しようとしても厳しいです。

しっかりと母音と子音の聞き取り練習をして

ちゃんと壁をひとつずつ超えましょう。

この最初の壁を越えると、

意外とあっさり先に進むことができます。

ぐんぐんリスニング能力が

ボキャブラリーを覚えると同時に

向上していきます。

ですから、最初の基礎が一番肝心なのです。

私はこの最初の壁を越えるための教材として、

「リスニングパワー」を

おススメしています。

スペシャル特典で、

教材のウィークポイントも押さえてあります。

こちらをクリックして詳しい「リスニングパワー」のレビューをご覧ください。

この記事を読んだ方は下のこんな記事も読んでいます

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

Comments links could be nofollow free.

このページの先頭へ