ShouldとHad betterの意味の違い

学校の英語教育では

Shouldは「すべき」(強い勧告)

Had betterは「したほうがいい」(やんわりとしたアドバイス)

という訳し方をしたと思います。

これは完全に間違ってます。

なぜこのような日本語訳で

英語教育をしているのか?

理由はわかりません。

それでは正しい用法をお教えしましょう。

結論から言うと、学校で教育している内容と真逆

というふうに覚えておいてください。

Had betterの用法

Had better は、

「緊急を要するアドバイス」(強い勧告)

のときに使います。

そして、言われたとおりにしなければ、

なにか悪いことが起こってしまう、

というニュアンスを含んでいます。

例えば、

You’d better tell her everything.

「彼女にすべてを打ち明けるべきだよ」

(You had better は You’d betterに省略されています。)

この場合、彼女にすべてを打ち明けなければ、

トラブルになってしまうよ。

という意味を含んでいます。

You’d better tell her everything

(or else you will get into trouble).

「彼女にすべてを打ち明けるべきだよ、

さもなければあなたはトラブルにまきこまれてしまうよ」

という感じになります。

もうひとつHad betterの例を挙げてみましょう。

I’d better get back to work.

「会社に戻らないと」

という意味ですが、

I’d better get back to work

(or my boss will fire me.)

「会社に戻らないと上司に首にされちゃうよ」

かなり極端ですが。^^

こんな感じで使います。

もういちど繰り返しますが,

Had betterは

「緊急を要するアドバイス」(強い勧告)

の意味を含み、

言われたとおりにしなければ、

なにか悪いことが起こってしまう、

というニュアンスを含んでいるということを

覚えておいてくださいね。

Shouldの用法

それでは次にShouldについてです。

ShouldはHad betterよりも一般的に広く使われます。

その理由として、

Had better のように

「言われたとおりにしなければ、

なにか悪いことが起こってしまう、

というニュアンス」を含んでいません。

だから気軽に使えるんですね。

先ほどのHad betterのときの例文を

Shouldに書き直してみると、

I should get back to work.

「会社に戻らないと」

となります。

この文章には、「会社に戻らなかったら

首になるとか誰かに怒られる」

という緊急のトラブルに発展してしまうという

ニュアンスは含まれません。

つまり、もうすこしやんわりとした感じなんですね。

また、一般的に

アドバイスを人に求めるとき

はShouldを使います。

Should I read the textbook?

「教科書読んだほうがいいですか?」

といった感じで、相手のアドバイスを聞いてみたいときですね。

そのときはShouldを使ってください。

Should I bring my computer?

「パソコンもって行ったほうがいいですか?」

このような質問のときは、

Had betterは不適切ですのでご注意ください。

また、一般的な慣わし、習慣

を述べるときに、You should~ という表現を使います。

このときのYouは、話し相手に対してではなく、

「世間の人」という意味で捉えてください。

例えばこんな感じです。

You should brush your teeth before you go to bed.

「寝る前に歯をみがいたほうがいい」

これは別にあなただけに向かって言っているわけではなく、

世間一般の常識

の意味合いが強いです。

ということで、まとめてみます。

Had better は、緊急の勧告、

言われたとおりにしなければ、

悪いことが起こるときに使う。

Should は、

1)言われたとおりにしなければ、

悪いことが起こるというニュアンスは含まれていない。

2)アドバイスを求めるときの質問のときに使う

3)世間一般で言われている習慣

のときに使用します。

学校で教わったことと真逆だということです。

なぜ学校でそう教えるのかはわかりません。

試験でShould、 Had betterの英訳、和訳が出たら

英訳、和訳が出たら、

このブログのことは忘れて

学校で教えられたとおりに回答してくださいね。^^

一応念のため。

この記事を読んだ方は下のこんな記事も読んでいます

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

Comments links could be nofollow free.

このページの先頭へ