食べ放題は英語で「バイキング」?

アメリカでよく見かけるのが食べ放題のレストランです。

ランチだけ食べ放題にしている店もあります。


典型的なのが、中華料理(中国人とか台湾人は「あれは中華じゃない」と言っています。)の食べ放題、アメリカ料理の食べ放題です。

中華の場合は、チャーハン、スープ、肉野菜炒め各種、春巻きなどの揚げ物各種、クッキー、ゼリーなどでしょうか。
たまに横のほうにすしもおいてあります。

にぎりではなくて巻きです。

アボカドとかクリームチーズ(!)も巻いてます。

アメリカ料理は、ピザとかフライドチキンとかマッシュポテト、サラダ、アイスクリーム、ケーキとかが食べ放題です。

日本では、食べ放題をバイキングとか言いますが、どうやらこれは帝国ホテルが作った和製英語のようです。(ウィキペディアより)

ですので当然アメリカでは通じません。

英語では

“all you can eat”

「オール ユー キャン イート」

または

“Buffet”

「バフェー」

発音は「ビュッフェ」ではなく、「バフェー」って感じです。

“The restaurant is all-you-can-eat for lunch.”

「このレストランは昼は食べ放題です」

みたいな感じで、”all you can eat” を名詞として扱います。

Google検索では無制限を意味する「Unlimited」とタイトルをつけているレストランもありましたが、あまり一般的ではないようです。私も「Unlimited」とうたっている看板を見た記憶はありません。

さて、肝心の味のほうですが、慣れてないと胃もたれします。

アメリカに来た頃は、まずくて食べれなかったのに、
慣れると食べれるようになってしまうんですね。不思議なものです。

この慣れが怖い。

確実に太る元となってます、、、

この記事を読んだ方は下のこんな記事も読んでいます

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

Comments links could be nofollow free.

このページの先頭へ