日本語に訳さずに聞く、話す

日本語を英語に訳してから話そうとしているので、

どうしても会話についていけないという方、

結構いらっしゃるのではないでしょうか?


英語を聞くとき、話すとき、

一度頭の中で日本語に訳していますか?

もし訳しているのであれば、

その習慣はやめたほうがいいです。

英語の上達は、日本語を忘れられたころから始まります。

しゃべるときも、聞くときも、

日本語を頭の中からきれいさっぱり取り除いて、

「翻訳」という作業をしないでください。

前に申し上げたとおり、

日本語と英語は文法がまったく違います。

日本語を考えていると

かえって混乱します。

日本語は忘れてください。

そうすることによってスピードも上がりますし、何よりも、

英語を言葉として理解できます。

しゃべるときに「翻訳」すると、

以下のような問題が起こります。

日本語でしゃべる内容を考える

→日本語だと結構難しい言い回しだ

→これに対応する英語は、、、

うーん、出てこない、、、どうしよどうしよ、、

会話についていけません (_ _;)

例えばあなたの日本語力が100としましょう。

日本語だと何も困りません。

どんな言い回しでもできてしまいます。^^

仮にあなたの英語力はそれに対して5だとします。

100の語学力が必要な言い回しを

5の力しかない言葉で表現しよう

とすること自体が不可能です。

100対5の状態で

翻訳をしようとすると

以下のようなことが起こります。

高級レストランでフォワグラで食べている

シーンを想定してください。

日本語だと、

「まったりとして、こくがあるのに、それでいてしつこくない」

と美味しんぼの山岡士郎のようなことが言えてしまいます。(爆)

でも、英語力が5だと、これを英訳してしゃべろうとしても

不可能です。

英語だと、

「Delicious!」(おいしい!)

ぐらいしかいえませんね。

でもそれで最初はいいんです。

頭の中で

「まったりってどういえばいいんだー」

「こくがあるって、、、、」

「しつこくないーー????」

もう頭爆発しそうです。 (_ _;|||)

だからあなたの100ある日本語力はわすれて、

100あるプライドはとりあえず忘れて

5の英語力で表現できることを

口にだしてしゃべりましょう。

英語をしゃべるときは、

自分が使える英単語、

ボキャブラリの範囲内で、

コミュニケーションをとる

これが大事なんです。

最初はかなり大変だと思います。

でも思い切って日本語を頭から排除することによって、

英語力は確実に伸びます。

この記事を読んだ方は下のこんな記事も読んでいます

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

Comments links could be nofollow free.

このページの先頭へ