「馬鹿にするな」みたいな意味

日本語に訳すと「馬鹿にするな」みたいな意味に

なると思うんです。

でもあんまりどう訳すかを気にしないで

英語自体を覚えてくださいね。

いつも言っているように、

日本語になんでもかんでも訳して理解しようと

しないほうがいいです。

もともと別の言語ですし、

英語として理解できていれば

英会話をするときには困ることは一切ありませんから。

さてそれでは本題です。

英語の単語に bear というのがあります。

「産む」という意味なのですが、

過去分詞形のbornという単語のほうがよく使われます。

今回はこのbornの活用の仕方についてご説明します。

普通に使うときは、

I was born in 1955.

「私は1955年に生まれました」

I was born in Tokyo.

「私は東京で生まれました」

というふうに使います。

さて、このことを知っていただいた上で、

タイトルにも載せました「馬鹿にするな」

ですが、born をつかったこんな表現があるんです。

I wasn’t born yesterday.

直訳すると、

「私は昨日生まれませんでした」

という意味ですが、

「昨日生まれたような赤子とは違うんだよ!」

というニュアンスです。

たとえば、あなたの自宅に電話がかかってきて、

「うまい儲け話があるんですよ。1日10分の作業で月に30万円稼げますよ」

なんてことを言ってきたら、

I wasn’t born yesterday.

といえばいいんです。

ついでなので、

もうひとつ面白い表現をご紹介しましょう。

I was born ready

という表現です。

be ready は「準備が整った」という意味です。

I’m ready

で、「準備OKですよ」という意味になります。

普通の会話では、

Are you ready?

と聞かれたら、

Yes, (I’m ready)

でいいのですが、

I was born ready.

というと、

「生まれたときから準備OKだぜ」

という意味になります。

「とっくに準備OKだよ」

というちょっとかっこつけた言い方ですね。

この記事を読んだ方は下のこんな記事も読んでいます

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2011年2月17日 | コメント/トラックバック(4)|

カテゴリー:08. 怒りの表現

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. […] I was born ready.で「生まれたころから準備OKだ!」という意味になるそうです。 参考サイト […]

コメント

  1. Fukuko より:

    はじめまして。
    “I was born ready!” の 意味を調べていたら、アステカさんのサイトに出会いました 。分かりやすい説明をありがとうございます。
    アステカさんの説明文を私のブログに引用させてもらいました。

    • azteca より:

      Fukukoさん、ありがとうございます。今後もまた機会がありましたら本ブログを参考にしてください。


コメントをどうぞ

Comments links could be nofollow free.

このページの先頭へ