リスニングが上達する「あること」とは?

英語のリスニングがなかなか上達しなくて

お悩みのあなたにお伝えしたいことがあります。

日本語を聞くときでもあなたが自然とやっているあることを

すれば、もっとリスニングがスムーズになりますよ。

といっても、本当にちょっとしたことです。^^

あなたはリスニングテープを聴くとき、

一言も聞き逃すまいとして、100%の力を

耳に集中させて聞いていると思います。

発音やアクセント、すべて聞き取ろうとして

がんばりますよね。

もちろんそれで全部聞き取れればいいのです。

なにも問題はありません。

でも現実はそうなってませんよね。

不思議なもので、耳に集中すればするほど、

聞いた先から抜けていってしまいます。

なぜだかわかります?

それは、耳だけに神経が行っているので、

脳が働いていないからなんです。

さて、この状況を日本語に置き換えて考えてみましょう。

日本語で相手が言ったことを聞き取れなかったとき

あなたがどうやっているか

ということを少し考えてみてください。

外を歩きながら相手の話を聞いているときなんかは、

雑音が多くて、聞き取れないときもありますよね?

このとき、あなたはどうしますか?

このとき、会話を続けていくためには

2つの選択肢があります。

1)どうしても聞き取れない場合は、

聞き返します。

一番簡単な手法がこれなのですが、

これは、リスニングのテスト中に

使えません。

そうすると、もうひとつの方法が

思いつきます。

2)前後の文脈から

相手の言っていることを推測して

聞き取れなくても会話を続けます。

あなたは、「耳から入る音」だけを頼りに

会話をしているのではなく、

相手の言葉を、推測も交えて、

頭を使って意味の通る文章に作り上げているのです。

このふたつは英会話をするときでも必要なスキルなんです。

特に、リスニングテストの最中で、

聞き返すことができない場合は、2)の

「文脈から推測して聞き取れない箇所を埋めていく」

という作業が必要なんです。

耳にばかり集中していると、

この予測するという「脳の作業」がおろそかになってしまいます。

そして、英語のリスニングの場合、

日本語のときよりももっと意識的に、

リスニングと同時に文章を頭の中で構築する

という作業をしてみてください。

英語の文章が脳を取り巻くくらいに強くイメージしてみてください。

これはちょっとしたことなんですが、

とてもいいトレーニングになりますし、

リスニングも上達します。

意味の通る文章を同時に頭の中で作り上げる

この訓練ができれば、多少聞き取りにくい英語に遭遇しても

恐れることなくチャレンジすることができます。

このことを心がけてリスニング音声を聞いてみてください。

PS:
私が愛用している教材です。

「耳が通る」ってこういうことだったのか、って思いました。


英語バイリンガルプログラム「リスニングパワー」

リスニング能力が飛躍的にアップします。

この記事を読んだ方は下のこんな記事も読んでいます

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント


コメントをどうぞ

Comments links could be nofollow free.

このページの先頭へ